« 政治家とお金 | トップページ | 「12人大家族」の自宅が全焼も、全員無事!!  »

2010年2月 1日 (月)

平成22年度税制改正~扶養控除廃止

平成22年度の税制改正は最終的な確定は

されていませんが、

ある程度、どのようになるのかという

改正案となる税制改正大綱は

昨年発表されました。

一般生活の中で

注目されているのが

一部の扶養控除の廃止です。

今日は、その扶養控除の廃止について

説明したいと思います。

扶養控除は、今年から廃止だと思っている人が多いようです。

しかし、実際は来年平成23年分から廃止となります。

また、この扶養控除は、所得税だけではなく、

住民税においても廃止となります。

この住民税の影響は再来年となりますので、

再来年になって急に税金が増えたと

驚く方も出てくるかもしれませんので、

気をつけてください。

詳細は以下の通りです。

【所得税】

(1) 年少控除の廃止

  年少扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳未満の者)に係る扶養控除を廃止します。

(2) 特定扶養控除の上乗せ部分の廃止

  特定扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳以上23歳未満の者)のうち、年齢16歳以上19歳未満の者に係る扶養控除の上乗せ部分(25万円)を廃止し、扶養控除の額を38万円とします。


(3) 適用時期

 上記の改正は、平成23年分以後の所得税について適用します。

【住民税】

(1) 年少控除の廃止

   年少扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳未満の者)に係る扶養控除を廃止します。

(2) 特定扶養控除の上乗せ部分の廃止

   特定扶養親族(扶養親族のうち、年齢16歳以上23歳未満の者)のうち、年齢16歳以上19歳未満の者に係る扶養控除の上乗せ部分(12万円)を廃止し、扶養控除の額を33万円とします。

(3) 適用時期

  上記の改正は、平成24年分以後の個人住民税について適用します。

« 政治家とお金 | トップページ | 「12人大家族」の自宅が全焼も、全員無事!!  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度税制改正~扶養控除廃止:

« 政治家とお金 | トップページ | 「12人大家族」の自宅が全焼も、全員無事!!  »

フォト
無料ブログはココログ
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

クリック募金

いいね